マンション

トップページ
マンション選びで妥協してはいけないポイントはココです
マンションの立地条件の良し悪しを判断する方法
マンションの周辺環境をチェックしよう
現地見学でマンションの高低差を確認するポイント
後で後悔したくない!変化するマンションの街の顔を確認しましょう
小規模マンションは見た目の外観がポイントです
小規模マンションのデメリットは維持管理です
マンションの管理体制は重要です
駐車場が無料のマンションは要注意です
駐車場がないマンションの購入は良く検討しよう
共用部分をよく確認!マンションは建物と敷地全体が自分の家です
人気のコンパクトマンションはココに注意!
安全・安心!独身女性のマンション選びのコツ
憧れのタワーマンションにもデメリットはあります
マンションの1階住戸・地下室付き住戸は危険が一杯です
マンションの共用玄関すぐ上の住戸は要注意です
良い部屋は、お早めに!マンションの残りものには福はない
マンションの中部屋は角部屋よりメリットがいっぱいです
目利きがポイント!中古になっても値下がりしないマンションを選ぶコツ
工夫次第で大きく使える!マンションの収納スペース
急がば回れ!アウトレットマンションは購入前にじっくり検討しよう
人気が出てきた!郊外マンションを買って後悔しない方法
子供のいない老後のマンション選びは都心が人気です
マンションの音問題の解決はお互いのマナーがポイントです
マンション購入は売却前提で選ぶ事がポイントです
マンションの理想の間取りと広さの選び方

マンション>マンションを購入した時は住宅ローン控除の勘違いに気をつけよう

2010年入居のマンションなら、向こう10年間に亘り、最高で500万円
まで、年末融資残高の1%相当額を所得税から控除してくれるという
のが、住宅ローン控除という制度です。これは、住宅建設を促進する
ことで景気を回復させようという政策として登場したものです。
2年間の時限立法だったものが、毎年拡充させながら半ば恒久減税と
なって生きながらえてきた制度です。

住宅購入者には有り難い制度ですし、マンション業者も積極的に
広告に掲載するなどして販売促進に利用しています。その場合の
「最高500万円が戻る」という文言は、そのまま鵜呑みにしてしまい
がちですが、税額控除ですから、納税額が上限ですし、もちろん
借り入れ残高の1%という条件もあることに注意しなければ
ならないのです。

借り入れ残高が3,000万円の場合は、1%の30万円が限度ですが、
納税額が20万円であれば、20万円しか還付されません。翌年も同様
です。自分が年間に納税しているかを確かめてみましょう。
ただ、これは夫婦ともに融資を受ければそれぞれに適用されますので、
合算したら、限度の30万円まで戻るかもしれません。

マンション

マンションの間取りの盲点を見つけるコツ
住宅ローンの低金利はいつまで続くのかはわかりません
住宅ローンは変動金利が得か・固定金利が得か?
マンションを購入した時は住宅ローン控除の勘違いに気をつけよう
頭金ゼロでマンションを購入するときのコツ
マンションの本当の買い時はいつでしょう
マンションの買い時は人それぞれです
分譲マンション業界の歴史が物語る優良マンション業者の選び方
マンションを買う時は知識と情報を身につけましょう
押しの弱いマンションの営業マンがイマイチなワケ
いい加減なマンション販売営業マンに騙されないコツ
マンション販売の信頼できる良い営業マンを見分ける方法
マンション販売の良い営業マンとの出会いの縁は大切に
値引き交渉可能なマンションを見抜く秘訣
マンションの竣工時期と引き渡し時期との時間差には深い意味があります
マンション販売の無名業者から買う時は信用度を確認しましょう
マンション入居者の強い味方!瑕疵担保責任を理解しておこう
マンションのアフターサービスの範囲は契約前によく確認しましょう
マンション販売の青田売りのメリットとデメリット
マンション選びのポイントに耐震性能も考える
地震の時の液状化は大丈夫か関心を持とう
重要度がアップ!マンションのセキュリティー
勉強になります!マンションのモデルルームに行きましょう
地震に強く防犯も安心!マンションは魅力がいっぱい

その他

リンク募集中